• お気に入り
  • ページトップ

コレステロールが気になる方へ

一般的にコレステロールと聞くと、悪玉コレステロール(LDL)のような悪いイメージを想像する方がほとんどだと思いますが、全てがカラダに悪影響を与えるというわけではありません。
私たちのカラダの中には、善玉コレステロール(HDL)という脂質も存在していて、細胞膜などに含まれている重要な成分です!
このようなコレステロールは主に肝臓で作られますが、肝機能が低下していると通常よりもLDLの割合が増えてしまいます。
こうした状態にピッタリなのがゴマのセサミンで、LDLの増加を抑制するように働きかけることができます!

悪玉コレステロールの増え過ぎは要注意

コレステロールの2種類はどちらもカラダに欠かせない成分ですが、バランス良く存在していることが大切です。
これらは主に、カラダ中にコレステロールを運ぶのがLDL、それを回収するのがHDLというようにそれぞれ働きが分かれています。
もしもLDLだけが増えてしまうような状態になると、HDLの回収が追い付かなくなり、結果として血管内に取り残されたままとなります。

残されたLDLが血管を狭くする

回収されずに残ってしまったLDLはそのまま放っておくと酸化してしまいます。
そして、酸化したLDLは血管内に壁を作るようにくっつき、血液の流れを邪魔するようになります。
これがどんどん増えていくことで、最終的に動脈硬化を引き起こす原因となります。

セサミンのチカラでLDLを抑制

サントリーはマウスを使った実験によって、LDLに対するセサミンのチカラを確認しました。
この実験では、コレステロールの高いものと一緒にセサミン・ビタミンEを与えることで、LDLの上昇を抑制することに成功!
様々な研究を続けるサントリーはセサミンが持つコレステロールへの働きについて、動脈硬化学会でも発表を行っています。

セサミンはコレステロールと相性抜群

そもそも、LDLが酸化してしまうのは活性酸素の影響を受けたことによるものですので、体内の活性酸素を減らすということも大切です。
そんなときにも役に立つのがセサミンで、優れた抗酸化作用が活性酸素に働きかけることができます!
また、セサミンにはHDLを増やす働きもありますので、色々な面でコレステロールと相性抜群な健康成分といえます。
このように、様々な働きがあるセサミンをタップリ凝縮した「セサミンEX」が、コレステロールが気になるあなたを応援します!

考える作業が多い方に

歳を重ねても軽快に動きたい

血圧を下げる特定保健用食品

クリアな毎日を送りたい方に

ダイエットをサポート